chevron_left

「釣り」カテゴリーを選択しなおす

cancel

シニアアングラー トップ

help
  • 1位

    鮎のエサ釣り ふたたび

    先日手に入れた道具を使い、組み立ての出来栄えをチェックするためにテストをするとぼとぼと歩いて昭和橋まで移動濁り水は平水より30センチ程度高いそれでも、エサ釣りでは濁ってる方が良いとの情報もあったので調査を開始してみた見た目の流速と見えない水深を感ピュータで推し量り鉛とウキのサイズを合わせる数回流して浮き下を調整してると突然ウキがビュー~っと走る(゜o゜;)かなりの重量感で本命を思わせる引きだったが…正体はコイツだった(;^_^Aその後も同じスジを流してコマセを効かせて見たが、釣れるのはウグイばかりさらに根掛かりの原因となるゴミや草が多い場所なので見切りをつけて移動する事にした濁り水は今ひとつおもしろさが無いので、支流の濁りが無いポイントに入った同じ事を考える人が居るんだよね~先行者三人でルアーを引いてる!...鮎のエサ釣りふたたび

  • 2位

    ひとっ飛び!

    三時に起床した木曜日は羽田から六時半のジェットに乗り南国に向かう九時半には人吉城に到着した濁り水の川で、死にそうな囮を泳がせても釣れる訳ない(◎-◎;)遠くに見えるオジサン二人が時々釣れてたが、よく見るとコロガシをやってる!石は泥被りで、そうでない瀬では垢が着いてないのでハミアトも無いザラザラで滑らない川はとても歩きやすくて、ついつい大きく移動してしまう来なきゃ良かった。゚(゚´ω`゚)゚。この台詞を日記に書くのは今シーズン何回目になるだろう?無駄な大移動と旅行は何回やったか?川原の石に腰掛けて瞑想しながら反省をしていたら野次馬が声を掛けてきた!『釣れますか?』っとか聞かれても応えようがない( ̄。 ̄;)居ない魚は釣れないし、そもそもあんたらの国の言葉を話せないし(;^_^A何か喰わせてくれとしつこく絡まれ...ひとっ飛び!

  • 3位

    ひとっ飛び!

    三時に起床した木曜日は羽田から六時半のジェットに乗り南国に向かう九時半には人吉城に到着した濁り水の川で、死にそうな囮を泳がせても釣れる訳ない(◎-◎;)遠くに見えるオジサン二人が時々釣れてたが、よく見るとコロガシをやってる!石は泥被りで、そうでない瀬では垢が着いてないのでハミアトも無いザラザラで滑らない川はとても歩きやすくて、ついつい大きく移動してしまう来なきゃ良かった。゚(゚´ω`゚)゚。この台詞を日記に書くのは今シーズン何回目になるだろう?無駄な大移動と旅行は何回やったか?川原の石に腰掛けて瞑想しながら反省をしていたら野次馬が声を掛けてきた!『釣れますか?』っとか聞かれても応えようがない( ̄。 ̄;)居ない魚は釣れないし、そもそもあんたらの国の言葉を話せないし(;^_^A何か喰わせてくれとしつこく絡まれ...ひとっ飛び!

続きを見る

続きを見る

  • ひとっ飛び!

    三時に起床した木曜日は羽田から六時半のジェットに乗り南国に向かう九時半には人吉城に到着した濁り水の川で、死にそうな囮を泳がせても釣れる訳ない(◎-◎;)遠くに見えるオジサン二人が時々釣れてたが、よく見るとコロガシをやってる!石は泥被りで、そうでない瀬では垢が着いてないのでハミアトも無いザラザラで滑らない川はとても歩きやすくて、ついつい大きく移動してしまう来なきゃ良かった。゚(゚´ω`゚)゚。この台詞を日記に書くのは今シーズン何回目になるだろう?無駄な大移動と旅行は何回やったか?川原の石に腰掛けて瞑想しながら反省をしていたら野次馬が声を掛けてきた!『釣れますか?』っとか聞かれても応えようがない( ̄。 ̄;)居ない魚は釣れないし、そもそもあんたらの国の言葉を話せないし(;^_^A何か喰わせてくれとしつこく絡まれ...ひとっ飛び!

  • ひとっ飛び!

    三時に起床した木曜日は羽田から六時半のジェットに乗り南国に向かう九時半には人吉城に到着した濁り水の川で、死にそうな囮を泳がせても釣れる訳ない(◎-◎;)遠くに見えるオジサン二人が時々釣れてたが、よく見るとコロガシをやってる!石は泥被りで、そうでない瀬では垢が着いてないのでハミアトも無いザラザラで滑らない川はとても歩きやすくて、ついつい大きく移動してしまう来なきゃ良かった。゚(゚´ω`゚)゚。この台詞を日記に書くのは今シーズン何回目になるだろう?無駄な大移動と旅行は何回やったか?川原の石に腰掛けて瞑想しながら反省をしていたら野次馬が声を掛けてきた!『釣れますか?』っとか聞かれても応えようがない( ̄。 ̄;)居ない魚は釣れないし、そもそもあんたらの国の言葉を話せないし(;^_^A何か喰わせてくれとしつこく絡まれ...ひとっ飛び!

  • 鮎のエサ釣り ふたたび

    先日手に入れた道具を使い、組み立ての出来栄えをチェックするためにテストをするとぼとぼと歩いて昭和橋まで移動濁り水は平水より30センチ程度高いそれでも、エサ釣りでは濁ってる方が良いとの情報もあったので調査を開始してみた見た目の流速と見えない水深を感ピュータで推し量り鉛とウキのサイズを合わせる数回流して浮き下を調整してると突然ウキがビュー~っと走る(゜o゜;)かなりの重量感で本命を思わせる引きだったが…正体はコイツだった(;^_^Aその後も同じスジを流してコマセを効かせて見たが、釣れるのはウグイばかりさらに根掛かりの原因となるゴミや草が多い場所なので見切りをつけて移動する事にした濁り水は今ひとつおもしろさが無いので、支流の濁りが無いポイントに入った同じ事を考える人が居るんだよね~先行者三人でルアーを引いてる!...鮎のエサ釣りふたたび

続きを見る

「釣りブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)